おしゃれな人、おしゃれじゃない人

おしゃれな人、おしゃれじゃない人ってよくいいますけど、
具体的になにが違うんでしょうか。

やはり、おしゃれな人って言われるのは、悪い気はしないですよね。いや、うれしいです。ましてそれが異性であったなら。。。

では、おしゃれな人とそうでない人とはどこがどう違うのでしょうか。
まず、見た目ですよね。ただし、ファッションにお金をかければ、いいというわけでもないです。たとえば、全身ユニクロとか古着なんかの安い服を着ているのに、おしゃれな人もいますからね。

では、この見た目で判断される基準ってなんだろうって思ったら、
要するに相手の見た印象に好感が持てるかどうかかなって思います。
男性のスーツ姿ならネクタイの柄、ジャケットのサイズ、Yシャツの袖の長さとかすべてにおいて、それなりに高価なブランドのアイテムを上手にコーディネートしている人をおしゃれな人と感じることがあります。

けど、ふつうの地味なスーツだけど、体型にピッタリのスーツをこぎれいに着こなしている人をおしゃれな人と感じることもあるんですよね。
あとは、小物使いがうまいとか。。。

だから、全体での雰囲気でまとまっているって感じさせることが
おしゃれって思わせるものかなと思います。

あとは、相手が思ってもいない着こなし方をしている人にも
おしゃれって思うんじゃないかなって思います。

ファッションセンスを磨くには

ファッションセンスっていわれるけど、良いほうがいいですよね。けど、ファッションセンスが良くない場合は、磨くしかないです。そこで、いい方法として私も実践したのが、「自分が素敵だと感じる人のファッションを真似る」ということです。雑誌のモデルさんや女優さんなどで、自分のテイストに近い人、(あんまりかけ離れているとかえってよくないですから。)を決めて、その人の真似をするのです。初めは、目標の人を真似てたファッションをしてみても、似合わないこともあるし、自分の今までのセンスでは思いつきもしない、コーディネートとかが恥ずかしいなんて思うかもしれません。けど、着ているうちに慣れてくるし、自分なりにわかってくることも多いかなと。で、やがて自分に似合うものが見つかってくると思います。ファッションセンスは、自分に似合わないものにトライして磨かれていくものです。いろいろと試していくうちに自分に合う合わないがわかってくるし。そういうのもおもしろいですからね。いいと思ったらトライすることです。